国土交通省に要請しました

「神戸の造船を残そう」連絡会は重厚産業労組、造船重機連絡会の国土交通省要請行動に参加

世界と日本の造船の現状について今出課長の説明を受けた後、神戸の状況を金沢市会議員が説明し、造船の維持復活の重要性を訴えました。 課長は「日本の企業はこれまでの造船不況のの時のような護送船団的ではなく、各社それぞれの戦略で対応している。役所は手を縛らない方針だ。」「造船産業の谷の大きさ・深さは分からない、造船は世界の発展と共に発展する「成長産業」というのは間違いない。」「三菱が今後手をつけなかった船種をどうするかが、今後注目される。」等を説明。要請団は「国土交通省は企業の生き延びることだけを説明するが、労働者や市民がいることを考えてほしい」「企業城下町の一つや二つは潰れてもいいという考えか」など労働者・市民の生活を重視するよう訴えました。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です